レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

新着記事

センニンソウの白い花

 

川沿いにセンニンソウが咲いていました。

今、茅乃舎周辺の野山では、
愛らしい小さな白い花をご覧いただけます。
センニンソウ8月から9月に開花の時期を迎える植物です。
蔓を伸ばし、たくさんの花を咲かせていました。

良く似た植物に牡丹蔓(ボタンヅル)がありますが、
ご覧になったことがありますか?
牡丹蔓は、葉の形が牡丹に似ていて、
二つの植物は、葉の形で見分けがつきます。
探してみてはいかがでしょうか。

*************

台風の影響を受け、九州は、秋風が吹き、
空気は澄んで、空が高く見えます。

 

急に秋めいて、スタッフも驚いております。
夏と違って秋の風は、カラリと乾いて涼しく、
心地よさを感じるようです。

緑の多い里山では、風にあおられて
葉と葉がこすれあう音を耳にされることがあるかと思います。
音に耳を傾け、少しの間お聞きになりますと、
風が強くなったり弱まったりする様子が分かります。
当たり前のことですが、
そういった静かなひと時をお過ごしになると、
気持ちが落ち着くような気がいたします。

秋の訪れを感じる里山でごゆっくりとお過ごしくださいませ。


夏の終わりに

「ミーンミーンミーンミー-ン」
真夏の間にはアブラゼミの賑やかな蝉時雨が聞こえていましたが、
今は、ミンミンゼミの声に変わりました。
夕暮れになると、
「カナカナカナカナ…」
ヒグラシの声一色になります。

気温の変化によって蝉の声にも
季節の動きを感じる今日この頃です。

豊かな緑に囲まれたレストラン茅乃舎では、
自然の姿、聞こえる音、漂ってくる香りなど、
日々の小さな変化に季節の移る気配を感じることができます。
こちらでごゆっくりとお過ごしになる間に、
五感を開放なさってお楽しみくださいませ。

 

日中はまだまだ暑いですが、
吹く風はずいぶん爽やかになり、
朝晩は過ごしやすくなってきました。

 

川沿いにヤブランがひっそりと咲いていました。
斑入りの細長い葉と淡い紫色の花が特徴的なヤブランは、
夏の終わりから秋にかけて開花します。
「ヤブランの花が咲くと、夏の終わりを感じます。」
と、花に詳しいスタッフが話していました。

********

高い空や高層雲、
群れを成して飛び交うアキアカネ、
ひっそりと咲くヤブランの花、
頭を垂れ風に揺れる稲、
草むらから聞こえる虫の声…
秋の訪れを感じる瞬間は、
お一人お一人様々のようです。
自然の中でごゆっくりとお過ごしになり、
よみがえる思い出とともに、
その瞬間をお楽しみくださいませ。


このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する