レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

9月茅乃舎生け花教室~秋の野の花~

2011年09月20日

秋の深まりを感じる今日この頃でございます。
13日に行われた生け花教室では、
秋の野の花をお愉しみいただきました。

ikebana09_01.jpg

秀可先生がご用意した花材は、

◆雲龍柳(ウンリュウヤナギ)
◆大毛蓼(オオケタデ)
◆吾亦紅(ワレモコウ)
◆パニカム
◆竜胆(リンドウ)
◆糸菊(イトギク)
◆女郎花(オミナエシ)


「菊は格の大変高い花です。仏壇に菊を生けるのは、
菊が手に入りやすい花だからではなく、
個人を尊ぶ気持ちから格調高い菊を生けるのです。」
と、糸菊を手に取りお話される秀可先生。
「雲龍柳は生け終わった後、水につけておけばやがて根が出ますから、
それを土に埋めると根づきやすいですよ。」
など、次々に先生の知恵袋から、耳よりなお話が出て参ります。

ほとんどのみなさまが、
こうした秀可先生のお話を楽しみに
ご参加していらっしゃいます。

今回も素敵な作品がたくさん生まれました。
皆様の作品を秀可先生がホームページ
ご紹介してくださっております。
どうぞご覧くださいませ。


**********

講座の楽しみの一つとなっているランチプレート。
「季節を感じられて幸せでした。」とご感想をいただきました。

ikebana_09_02.jpg

=======9月のお献立=======

◆フルーツの白酢和え
◆さつま芋グラタン
◆インゲン豆と地鶏ハム 南京ソース
◆冬瓜と茄子の甘辛煮
◆きのこのカナッペ
◆チンゲン菜のクリーム煮
◆銀杏とシメジの炊き込ごはん
◆なめこの味噌汁
◆お茶(香能茶)

==========================

炊きたての銀杏とシメジのご飯は、
土鍋の蓋を開けると、ふんわりと秋の香り。
「銀杏ご飯特に美味しかったです。」
と、ご好評をいただき、
おかわりも召し上がってくださいました。


茅葺屋根の佇まいと緑豊かな空間の中で、
日常を忘れ、心を開放する生け花教室。
「いつもこれが私の心のオアシスです。花を生けると心が癒されます。」
とのお言葉をいただきました。
生花教室を楽しみに思っていただき、
スタッフ一同嬉しく思います。


秀可先生がご用意してくださる花材の他に、
野の花の『力芝:チカラシバ』や『水引:ミズヒキ』を
スタッフで用意してみました。
ご参加のみなさまは、野の花が好きな方が多く、
見る方にとっては雑草のようなものでも、大変喜んでくださいます。
スタッフは、そうしたみなさまの笑顔を楽しみに、
次はどのように準備しようかしら...と、
様々なアイディアを持ち寄っております。

次回開催は、10月11日(火)となっております。
また、みなさまにお会いできる日を楽しみにしております。


|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/1048

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する