レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

10月茅乃舎生け花教室~秋の野の花~

2011年10月17日

秋の深まりを知らせる野の花達。
風に揺れる風景にふと立ち止まることがございませんか。

8日に行われた生け花教室では、
その花達をふんだんに準備いたしました。
そして、心の赴くままに生けていただきました。

①.jpg

秀可先生がご用意してくださった花材は、

◆日向水木(ひゅうがみずき)
◆秋明菊(しゅうめいぎく)
◆吾亦紅(われもこう)
◆竜胆(りんどう)
◆白玉椿(しらたまつばき)
◆芒(すすき)
◆杜鵑草(ほととぎす)
◆曙草(あけぼのそう)
◆利休草(りきゅうそう)
◆力芝(ちからしば)
◆嫁菜(よめな)
◆犬蓼(いぬたで)
◆男郎花(おとこえし)


「美しい花を生かすためには取る事も必要です。」
と、椿の葉と蕾を整理する秀可先生。
潔くすっきりと葉や蕾を落とした後は、
椿の花の美しさが際立ちます。

どの季節もそれなりのよさがありますが、
これから冬にかけて、花を楽しむ椿。
ご用意した白玉椿は、
秋に入ると最初に咲く椿でございます。

間違えて落としてしまった花も、
花器の近くに置き、置き椿にして楽しむことや、
虫食いの葉も味わいを増すこと
・・・秀可先生のお話玉手箱からさまざまなお話が飛び出しました。

「季節の草花にめぐり合い、それを生けこむことの楽しさで無心になれます。」
「心おきなく楽しむことができました。」
ご参加の皆様は、素敵な時間をお過ごしくださったようでございます。

今回もわざわざ山の中まで
足をお運びくださいまして、ありがとうございました。

皆様の作品を秀可先生がホームページ
ご紹介してくださっております。
どうぞご覧くださいませ。


**********

講座の楽しみの一つとなっているランチプレート。
「秋を感じられとても美味しく頂きました。」とご感想をいただきました。

=======10月のお献立=======

◆菊菜浸し
◆大地の恵みスープ
◆赤鶏のサラダ
◆銀杏とシメジの炊込みご飯
◆香の物
◆お茶(香能茶)

==========================

炊きたての銀杏とシメジのご飯は、
この時期しか味わうことのできない美味しさ。
ご満足いただけて本当に嬉しく思っております。

 

②.jpg

秋の深まる里山。
季節が移り変わり冬支度をしていく様子を
茅葺屋根の下からご覧くださいませ。

静かで豊かなお気持ちで、ゆったりと流れる時を
お過ごしになりませんか。
次回開催は、11月8日(火)となっております。

皆様の笑顔を拝見できるよう、
スタッフ一同その日を楽しみに準備を進めております。
お会いするのを心待ちにしております。


|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/1058

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
2018年1月の茅乃舎生花教室
(2018年01月15日)
雪景色
(2018年01月11日)
本格的な寒さの到来
(2018年01月09日)
茅乃舎のお正月
(2018年01月04日)
明けましておめでとうございます
(2018年01月01日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する