レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

2月茅乃舎生花教室~春の花々~

2012年02月16日
ikebana_01202.jpg

14日に2月の生花教室が行われました。
立春を迎え、暦の上でも春でございます。
冬の花材は緑が主体でしたが、
春の花々は、色彩豊かで華やかな雰囲気でございます。

《2月の花材》

◆連翹(レンギョウ)モクセイ科
◆花桃(ハナモモ)バラ科
◆川柳(カワヤナギ)ヤナギ科 
◆黒芽柳(クロメヤナギ)ヤナギ科
◆チューリップ  ユリ科
◆花菜(ハナナ)アブラナ科
◆レモンリーフ  チャセンシダ科

ネコヤナギとして馴染みの深い川柳や
赤黒い漆で仕上げたような黒目柳など種類の多い柳。
その豊かな花芽と個性的な線を巧みに生かして、
様々な作品が生まれました。

ikenbana_01202_02.jpg

線と空間をどのようにしたらよいか...と、
様々に工夫をなさる皆様へ
「非常にためがきくので、雑巾を絞るように曲げ、
親指の腹でなぞりながら変化をつけます。」
実際にお見せしながら、そうアドバイスなさる秀可先生。
いつも、お一人お一人の作品を熱心にご覧になりながら、
真剣な表情と柔和な笑顔でゆっくりとお話なさいます。

自由さの中に本物の試みのある茅乃舎生け花教室。
一月に一度ですが、ご参加の皆様には、
とても有意義なお時間となっているようでございます。
「お花の生け方が、自然にそってのびのびとした生け方なので、
生けた後、私の心までのびのびし豊かな気分です。」
ご感想から、師範秀可先生による広山流生花のレッスンを
心から楽しんでいらっしゃるご様子が伝わってまいりました。
スタッフ一同、嬉しい気持ちで拝見いたしました。

皆様の力作を、可先生のホームページでご紹介いただいております。
一つ一つの作品へ添えられた丁寧なご感想から、
よりよい作品にするためのポイントが分かるような気がいたします。
秀可先生、いつもありがとうございます。

**********


講座の楽しみの一つとなっているランチプレート。
花材と同様に、毎回のお料理を楽しみ...という方も少なくありません。

2月は、彩り豊かな春の花々のように、
お料理達がプレートに盛られました。
花をあしらったお品書...スタッフの遊び心とおもてなしを添えてみました。
お楽しみいただけましたら幸いでございます。

======= 2月のお献立=======

◆芹のお浸し
◆ヤーコンと人参のキンピラ
◆烏賊と分葱の沼田和え
◆カツオ菜オムレツ
◆じゃが芋グラタン
◆赤鶏コンフィ  柚子胡椒ソース
◆独活レモン煮
◆帆立西京漬け
◆十穀オニギリ
◆香の物
◆色々豆の寄せ物
◆味噌汁

==========================

今回もわざわざ山の中まで足をお運びくださいまして、
ありがとうございました。
和気藹々としたあたたかい雰囲気を
皆様にお作りいただき、スタッフ一同感謝しております。
またお会いできる日を楽しみにしております。

次回は、3月13日の開催でございます。


|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/1091

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する