レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

稲の花

2012年09月04日
ine_120903.jpg

今年も稲の花が咲きました。
白い小さな花です。

ine_hana_120903.jpg

写真に収めた時は、モミが閉まっていましたが、
稲の花は、モミが割れてその間から出てきます。
その白い花の正体は、おしべです。

ine_hana_120903_01.jpg

めしべは、モミの中にあります。
おしべが伸びて乾燥すると、花粉が落ち、
めしべに着いて受粉します。

おしべが最高に伸びると、モミはまた閉じますが、
受粉した後は、めしべの下の方にあるお米の赤ちゃんが、
だんだんと大きくなっていきます。

稲の葉がお日様の光を浴びて、光合成を行ない、
その養分がお米の中へしっかりと蓄えられていきます。

茅乃舎の田では、あと数日の間、
午前10時頃に稲の開花が見られるかも知れません。

それから約1ヶ月ほどでしょうか。
重そうに穂の頭をたれた稲の姿が見られるのではないでしょうか。

楽しみですね。
災害や病気に負けないで、大きく育ちますように...。

|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/1814

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する