レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

一年の節目



「鬼は外。福は内。」と、家族や地域で
豆をまいて災いを払う昔ながらの風習「節分」
お互いの幸せを願う心が伝わる歳時でございます。
一夜明けると、「立春」。
新しい春を迎えという日でございます。

春は一年の始まりにも当たるため、
季節の変わり目に表れる邪気をはらって
新しい気持ちで春を迎えるという意味があるようでございます。

昔から残る豆まきの風習は、
里山レストランの茅葺屋根にも良く似合うようです。
豆まきのお誘いはございませんが、この日は豆をご用意いたしました。
皆様がこの一年お健やかにお過ごしなさいますように・・・。




|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/2032

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する