レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

新年茅乃舎生け花教室~早春の花々~

2014年01月20日
今年初めの生け花教室が1月14日に行われました。
まずは、尾崎副料理長からぜんざいが振る舞われ、
秀可先生からは、お年賀のプレゼント。
2014年の茅乃舎生け花教室は、とても楽しいスタートをきり、
楽舎は笑顔でいっぱいでした。


1月新年の生け花寿初めの花材は、
伸び上がるように枝や茎を伸ばし、
たくましい生命の息吹きを感じる植物達。


***********

《 1月の花材 》

◆ 赤芽柳(アカメヤナギ)ヤナギ科
◆ 小米柳(コゴメヤナギ)ヤナギ科
◆ 黒文字(クロモジ)  クスノキ科
◆ 梅(ウメ)      バラ科
◆ 青文字(アオモジ)  クスノキ科
◆ 孔雀草(クジャクソウ) キク科
◆ 水仙(スイセン)   ヒガンバナ科
◆ シャガ        バラ科


早春の植物は、枝にいきなり花を咲かせて
見る者に感動を与えるんですよ…
いつか先生がそうおっしゃったのを
思い出します。

愛らしい花を豪華に付ける枝々。
その枝を残し、どの枝を整理するのか…
それはとても大切なのですが、難しく
皆様の課題となっているようです。

秀可先生のアドバイスを受けながら、
お好きな花材を思い思いに配置して、
個性的な作品が次々と生まれました。

ご紹介いただいております。
一つ一つに添えられた、生け方のヒントとなるアドバイス。
皆様もどうぞご覧くださいませ。


「楽しいし、お花を活けていると安らぎます。
お花の教室は心の再生の時間です。」
ご感想からも生け花の時間を楽しんでくださるお気持ちが
伝わってまいります。
今回の作品をご覧になるたびに、
楽しい気持ちがよみがえるのではないでしょうか。

***********

毎回お楽しみの一つとなっておりますランチプレート。
本日の生け花教室では、冬の新しい鍋の紹介も兼ねて
ビーツ鍋を用意しました。
佐藤料理長が挨拶と料理説明を行い、
お客様とも和やかにお話が弾みました。
珍しい洋風のビーツ鍋は大好評で、
皆様の身体も心もホカホカに温まったようです。


======= 1月のお献立=======

・ ビーツ鍋
・ 小松菜と占地の白和え
・ 香の物
・ 味噌汁
・ 釜炊き白ごはん
・ 香能茶

==========================

ご参加の皆様におかれましては、
わざわざ山の中まで足をお運びくださいましてありがとうございました。

新年明けて第一回の生け花教室は人数も最大数の11名様を迎え
無事終了できました。
ありがとうございました。

2月は、4日立春の開催です。
今度はどのような花材と出会うことでしょうか。
スタッフも今から楽しみです。
また皆様にお会いできることを楽しみに
準備をすすめてまいります。

|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/2428

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する