レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

9月尾崎副料理長の和食教室

2014年09月15日
秋の訪れが楽しい9月。
尾崎副料理長の和食教室では、
実りの秋を味わう料理の数々をご紹介いたしました。


======= 9月お献立 =======
 
一、前菜5種 
【色々木ノ子の焼き浸し ・柿玉子・ 銀杏餅 ・カマス燻製 ・栗甘露煮 】

一、肉じゃが 
一、ご飯 
一、味噌汁 
一、薩摩芋万十 
一、無花果と栗の渋皮煮 

========================

秋じゃがの美味しいときです。
丸々と太ったじゃがいもを肉じゃがにしました。
ご家庭ではおなじみの肉じゃがですが、
基本の作り方を習うことは案外少ないのではないでしょうか。
今回は、尾崎副料理長が作る様子を間近でご覧いただきました。
外国産の安いお肉でも牛脂次第で美味しくなる…
というワンポイントアドバイスが大変好評でした。


料理の合間には、
カボスを使った器の作り方や重曹を用いた栗の皮の剥き方、
調味料の入れる順番の基本、稲穂を揚げて咲かせる方法など、
実演をご覧いただきました。
プロが調理する様子をつぶさにご覧いただけるのが
茅乃舎料理教室の醍醐味。
尾崎副料理長が披露する技やアドバイスに
ご参加の皆様も感心していらっしゃったようです。
「栗の皮の剥き方は初めて知りました。」
「肉じゃがをすぐに実践します。」
「銀杏餅、早速作ります。」
「松茸の掃除の仕方など、勉強になりました。」
と、意欲満々のご感想をいただき、
スタッフ一同大変嬉しく思いました。


予定の献立にはありませんでしたが、
尾崎副料理長からのおもてなしの始まりは、
お付き湯のかわりに振る舞う松茸の吸い物。
また、ちょうど新鮮な太刀魚が入ったので…
と、太刀魚のお造りも登場いたしました。

その心まで、食される皆様には伝わるのでしょうか…
いつも和やかで笑顔の多い料理教室です。



皆様には、尾崎副料理長のアドバイスをもとに、
前菜を盛りつけていただきました。
また、デザートの薩摩芋万十にはピオーネの蜜煮を包んで頂きました。

旬の食材が、秋の風景が浮かぶような前菜やデザートとなり、
彩り良く盛り付けられると、五感で楽しむことができ、
美味しさもさらに増すようです。
お料理好きの皆様は、今頃、ご家庭でも
腕を振るっていらっしゃるのではないでしょうか。



「季節感がいっぱいで楽しくなりました。」と、
皆様にもご満足いただけたようです。

ご参加の皆様におかれましては、
わざわざ山の中まで足をお運びくださいまして、
ありがとうございました。

次回は10月9日の開催です。
またお会いできる日をスタッフ一同楽しみにしています。

|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (1)

毎回料理教室のブログ、楽しみに拝見しています。
肉じゃがはよく作りますが、プロの味はすごく美味しいんだろうなと思いました。
それにカボスの器アイデアが素晴らしい。
今度こそ料理教室に参加しそこで色々教わりたいなと思います。

ご投稿: 福田萌愛香 | 2014年09月29日 19:39

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/2671

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する