レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

12月尾崎副料理長の和食教室

2014年12月14日
11日に行われた尾崎副料理長の和食教室の様子をご紹介いたします。
二ヶ月に一度、お料理内容が変わりますので、
11月とほぼ同様の内容でしたが、
今回はクリスマスにちなんだデザートが登場し、
大変盛り上がりました。

======= 12月お献立 =======
 
一、胡桃和え 
一、百合根饅頭 
一、赤ムツの味噌漬け 
一、筑前煮 
一、ご飯 
一、吸い物 (太刀魚のつみれ)
一、編み笠柚子 
一、紫芋と豆乳のぷりん 


========================


半分ほど下処理をした材料を前に、
尾﨑副料理長が皆様の前で説明を加えながら
調理実演をいたしました。
たくさんの材料を合わせて煮る『筑前煮』は、
一つ一つの材料の特製に合わせた下処理が大切です。
合わせ技の中にも、香り、食感で、これ!美味しい!と、
食材そのもののが引き立つ繊細なお料理に
いつも皆様からはなまるをいただく尾﨑副料理長。
塩梅ですね…味を見ながら…と、シャイな笑顔で、
その基本をしっかりと伝えてくださいます。

かかる手間ひまは、食べる人へのたっぷりの愛情…
皆様は、もうすっかりご存知です。
帰ったら、すぐに作ります!
ご家族や職場で作って喜んでもらった!
と、料理教室で磨いた感性と腕を振るって、
食べる人が思わず笑顔になるお料理を
作っていらっしゃるようです。
尾﨑副料理長を初め、スタッフ一同、
大変嬉しく思っております。


編み笠柚子を作る実践では、
柚子の処理方法加から保存方法まで
実際にご覧いただきました。
美味しくたくさん採れる旬。
余すこと無く長く大切に使う…
保存方法は、受け継ぎたい昔ながらの日本人の知恵です。

料理に赤ムツの味噌漬けを実践していただきましたが、
今回は、レシピとは違い、ご家庭でも簡単に行って頂けるように
クッキングシートに包んでフライパンで焼く方法ご紹介しました。


ご参加の皆様の意表をついたクリスマスサプライズ。
「感動しました!」とお言葉をいただくほど、
これは大変盛り上がりました。


パーティを盛り上げるデザートは、
賑やかで楽しく温かい気持ちになるようなディスプレイ。


尾﨑副料理長…あんこと「紫芋と豆乳のぷりん」を使った
       『和風ブッシュドノエル』
近藤さん…スイートポテト
ノックスさん…椿を使ったパンナコッタ
栁澤さん…クッキー
持ち寄ったデザートを大皿に盛り付け、ブッフェスタイルで
お一人お一人に皿にお取りいただきました。

献立にない柚子を使ったお付き湯でのお迎え、
スタッフ全員手作り合作のサプライズなど、
皆様に大変喜んでいただきました。

尾﨑副料理長の和食教室は、
今回も心温まる会となりました。
スタッフも、料理をするものの心得を
共に学ぶことができたように感じております。

ご参加の皆様におかれましては、
わざわざ山の中まで足をお運びくださいまして
ありがとうございました。
次回の開催は、来年1月16日です。
皆様にお会い出来る日を楽しみに、
スタッフ一同、ますます張り切って準備をすすめてまいります。


|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/2748

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する