レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

4月茅乃舎生け花教室

2015年04月25日

  

春真っ盛り、茅乃舎周辺には、沢山の野草が色鮮やかに咲き誇っています。
そんな中、先日14日に第67回茅乃舎生け花教室が開催されました。

 

秀可先生がご用意した花材は、この時期の野山を彩る花々です。

***********

《 4月の花材 》

◆ 空木(ウツギ)  
◆ 躑躅(ツツジ)  
◆ 小手毬(コデマリ) 
◆ ビバーナム     
◆ ラクスパー     
◆ マーガレット    
◆ 甘野老(アマドコロ)
◆ 著莪(射干)

***********

スタッフもスタート当初から生け花を学び、
野山の花々に心を惹かれております。
今回も皆様にお楽しみいただけるよう
草苺(クサイチゴ)、ウマノアシガタ、イタドリを
張り切って採取してまいりました。

「緑の山深い茅乃舎ならではの花教室だと気づきました。
木々や野の花が美しく可愛い!!」
「スタッフの方が山野草を多数採取して頂き、
春の緑を感じることが出来とてもいい時間を過ごすことが出来ました。」
といった皆様のご感想からは、

花々を細やかにご覧になり、
心から楽しんでいらっしゃる皆様のご様子が伝わってくるようで、
スタッフ一同大変嬉しく思いました。

 

「空木やイタドリは中が空洞なので水落しやすいので、
しっかりと水切りを行い、割って焼きミョウバンを練り込みます。」
「アマドコロの花の跡は広山流では必ず始末してから生けましょう。
その際に下に引くのではなく、上に引き抜きます。」

活けた後も植物を愛しみ、長く楽しんでいただきたいと、
一つ一つの植物のケアの仕方を細やかにお知らせする秀可先生。
お一人お一人の生けている花をご一緒にご覧になり、
ワンポイントのアドバイスをくださいます。
先生がちょいと手を入れると、ぐっと素敵になる…と、
お客様は良くおっしゃいます。
その瞬間、先生も見ていらっしゃる皆様も素敵な笑顔になられます。
そういったところもこの生け花教室の楽しいところです。

皆様お時間いっぱい花々に触れられ、
お一人お一人の感性あふれる作品を生みだしてくださいました。
ご紹介いたします。

 

***********

さて、花材とともに毎回のお献立がお楽しみなランチプレート。
春の食材をふんだんに使用した品々です。

◆ 炊き立て白ごはんのおにぎり
◆ 筍木の芽焼き
◆ ホワイトアスパラと鶏ハムのピンチョス
◆ 黒豚キッシュ
◆ 蛸の柔らか煮
◆ 博多地鶏のミートローフ
◆ 鰆けんちん
◆ 香の物
◆ 筍二見揚げ
◆ 味噌汁

 

***********

食事と生け花で過ごす3時間。あっという間でした。
ご参加の皆様におかれましては、
わざわざ山の中まで足をお運びくださいまして、
ありがとうございました。

まもなくしたら、大型連休に入ります。
気候も大変良い時期となりますので、
ぜひ里山へお出かけください。

次回は5月12日(火)の開催です。
新しく参加される方、初心者の皆様も大歓迎です。

お問い合わせは、お気軽にこちらへお電話くださいませ。
 ↓  ↓
レストラン茅乃舎
    092-976-2112

スタッフ一同、また皆様にお会いできることを楽しみに
準備をすすめてまいります。


|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/2869

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する