レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

6月茅乃舎生け花教室

2015年06月21日

9日に生け花教室が行われました。
瑞々しい野の花に触れると、心も洗われるような季節です。
秀可先生が伝授なさる広山流生け花教室は、
普段何気に目にする野の花が、今日はとても美しく愛しく思える…
そのような新鮮な感覚が目覚める時間のようです。
花屋さんの店先ではお見かけしない花材が、
今回もたくさんご用意されました。

今回秀可先生がご用意した花材は、
潤う野山に楚々と咲く植物達です。
四季を通じて咲いていますが、
それぞれの梅雨時期の姿を知ることができました。

***********

《 6月の花材 》

◆ 土佐水木(トサミズキ)
◆ 七竈(ナナカマド)
◆ 小葉のずいな(コバノズイナ)
◆ 雪柳(ユキヤナギ)
◆ 鷹の羽すすき(タカノハススキ)
◆ 利休草(リキュウソウ)
◆ 透かし百合(スカシユリ)
◆ 著莪(射干)シャガ

 

秀可先生のお選びになった花々に加え、
スタッフが白く愛らしい花を咲かせているドクダミを
採取してまいりましたが、
今回は、ご参加の方からも
ヨウシュヤマゴボウと半夏生 (ハンゲショウ)を
お持ちいただきました。

***********

 

「花」の特色だけでなく、
お茶と茶花、掛け軸と床、床柱の関係、
花器と花の合わせ方へと、
秀可先生の多様な話に
皆様は、熱心に聞き入られていました。

お一人お一人の感性が伝わる作品の数々
どうぞご覧くださいませ。

 

***********

さて、花材とともに毎回のお献立がお楽しみなランチプレート。
今回は、尾崎副料理長が楽舎に訪れ、
サプライズ料理も披露いたしました。

◆ 茄子の煮凝り
◆ 鱸のソテー ラビゴットソース
◆ ごはんのお供
◆ 味噌汁

この生け花教室へご参加くださる皆様へのおもてなしに、
季節ごとの植物を生けるだけでなく、
食することも含めてお楽しみいただこうと、
デザートなどをスタッフが準備することがございます。
今回は、筍の季節に香りを楽しませてくれた山椒が、
実を付けていたので、採取してまいりました。

それを、尾崎副料理長が、
出汁を取った後の昆布と湯葉と合わせ、
美味しいご飯のおともに変身させました。
また「桑の実」で作ったデザートにも、
皆様大変喜んでくださいました。

 

尾崎副料理長が、皆様が食事の間に
料理について色々な話をお聞かせいたしました。
また、料理にかけたてまひまを改めて知り、
更に美味しさも増したとのことです。
料理への質問などなさる場面もあり、
和やかでなかなか充実した午後の時間を
お過ごしいただいたようで、スタッフ一同嬉しく思っております。

***********

ご参加の皆様におかれましては、
遠方からもはるばる足をお運びくださいまして、
本当にありがとうございました。

次回は7月14日(火)の開催です。
新しく参加される方、初心者の皆様も大歓迎です。

お問い合わせは、お気軽にこちらへお電話くださいませ。
 ↓  ↓
レストラン茅乃舎
    092-976-2112

スタッフ一同、また皆様にお会いできることを楽しみに
お待ちしています。

 


|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (1)

羨ましい限りです。溢れんばかりの花材、美味しいランチとお話で幸せな時間ですね。

ご投稿: マコ | 2015年07月01日 09:21

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/2922

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する