レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

鏡開き

2016年01月12日

お正月に、歳神様をお迎えするために飾られた松飾やしめ縄、
お供えの鏡餅をそろそろしまわれるころでしょうか。

 

11日は、昔ながらの風習で
鏡開きの日を行うところも少なくありません。
歳神様が帰られた後、お供え物を皆でいただく鏡開き。
「切る」というのは、礼を欠き縁起が悪いということから、
餅は木槌で砕いたり手で割ったりしていたといいます。

レストラン茅乃舎でも毎年鏡開きの日には、
ぜんざいを振舞っております。
今年もお食事にいらっしゃったお客様へ
ぜんざいをお出しいたしました。
すっかり忘れていたというお客さまもいらしゃり、
大変嬉しそうに召し上がってくださいました。

 

どうぞ今年一年、皆様にとりまして、
幸多い年となりますように…。


|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/3090

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する