レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

1月尾﨑副料理長の和食料理教室

2016年01月17日

 

尾﨑副料理長の料理教室。
第29回となる1月のお献立には、お客様からご要望のあった
鍋がメインのお献立をご用意いたしました。
寒さも厳しくなり、より美味しくいただける時期です。
その他、旬を味わう料理の数々をご紹介いたしました。

======= 1月お献立 =======

一、大根餅
一、寒ブリの焼霜造り
一、みぞれ鍋
一、ご飯
一、オレンジフォンデュ
一、チョコ餅

 

=========================

鍋料理は、味の決め手となる出汁を取りるところから、
尾﨑副料理長が実践し、その様子をご覧いただきました。
和食の基本は出汁…と、いつも話す尾﨑副料理長。
第一回目の料理教室では、
出汁の取り方を丁寧に伝授いたしました。

 

鰹出汁を取るという作業ですが様々なポイントがあります。
温度や時間まで尾﨑副料理長の細かい説明をいただきながら行いました。
お料理の基本となる部分という事もあり、
皆様質問なさりながら真剣に学ばれていました。

 

鍋の具材の食べやすい切り方やみぞれ鍋のレシピは、
具材や鍋の種類によって出汁の割合を変えると、
色々と応用出来るということです。
これからご家庭で生かすことのできる技が盛りだくさんで、
ご参加の皆様にも大変好評でした。

今が旬の寒ブリを使い、
脂の乗った鰤を炙りさっぱりといただく知恵と
やわらかくなった鰤を美しく切る技を生かした焼霜造り。
料理人の手元を、席を立ってご覧になるほど、
お客さまは興味をもたれたようです。
焼霜造りでは、バーナーで炙る所から、
切り方までご覧いただきました。

 

献立にない内容でしたが、
初めに作った鰹出汁を使って
占地と小松菜の味噌煮浸しを作りました。
出汁は様々な料理に活用でき便利です。
味噌を使った煮浸しは味も良く、参考になったようです。

試食の時間では、美味しい鍋を囲んだせいか、
いつもより会話も弾んだようです。
実演中からお食事まで質問や談笑が多く、
賑やかな教室となりました。

ご参加の皆様におかれましては、
わざわざ山の中まで足をお運びくださいまして
ありがとうございました。

次回は、2月25日の開催です。
皆様にお会い出来る日を楽しみに
スタッフ一同準備を進めてまいります。


|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/3093

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する