レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

佐藤料理長の洋食料理教室~2月~

2016年02月06日

 

佐藤料理長の洋食教室2月のメインテーマは、【苺】でした。
今の時期は、ハウス栽培の苺が多く出回っています。
4月~5月頃になると、安くてたくさん手に入りやすくなる苺。
アイディア次第でもっとたくさん料理にも取り入れられたら…
遊び心満載の佐藤料理長は、そう考えております。
ビタミンCはもちろんのこと、食物繊維も豊富な苺を
健康のためにも、たくさん召し上がっていただけますように…。

 

まずは、デザートのクラフーティー。
苺をたっぷり使ったタルトのお菓子は、
クリームチーズと苺の酸味の相性抜群です。
キウイアイスを添えて、召し上がっていただきました。

 

そして、苺のリゾット。
リゾットの基本に加え、ご家庭で作りやすい応用編や
おじやにならないようにする注意点など
実演では、百聞は一見に如かずと
積極的なご様子でご覧になっていました。

苺とお米という馴染みのない組み合わせに
おそるおそる召し上がっていましたが
予想外の美味しさにびっくりで思わず笑顔。
皆様のご様子にスタッフもまた笑顔になりました。
きっと今頃、ご家庭でオリジナルのリゾットを
作っていらっしゃるのではないでしょうか?

苺と言えば、やはりデザートでいただくものというのが
家庭では一般的のようですが、
その甘みと酸味を様々な料理に活用なさってくださいませ。

***************************

その他、2月もいつものように、
野菜たっぷりのメニューでした。

【 第48回 2月 】

◆ Antipasto
  サーモンと季節野菜の温サラダ
   レバーペースト

◆ Primo Piatto
  苺のリゾット

◆ Secondo Piatto
  牛すじと大根のポトフ

◆ Dolce
  苺のクラフーティー

***************************

佐藤料理長の温サラダは、
バルサミコ酢に付けん混んで風味付けした燻製のサーモンと
春野菜を温かいままいただくサラダ。
ご家庭で自分流をお楽しみいただけるようにと
「燻製は市販のものでいいですよ!
ない場合は生のサーモンを直接
バルサミコ酢に付け込んでもいいです。」
と、アドバイスなさっていました。

今回は、味の変化を楽しむことができるよう
アレンジの提案も多くいたしました。

近藤さんは、前菜にレバーペーストをご用意いたしました。
通常のお味とアレンジした味噌味の2種類です。
今回ご紹介したのは洋食風のレバーペーストでしたが
ご自宅にあるものでも出来るような和風アレンジなども紹介されました。

 牛筋と大根をやわらかーく煮込んだポトフ。
鍋を囲みながら楽しそうに会話も弾みました。
福岡では、モツ鍋の後、シメにちゃんぽんを入れることがありますが、
今回のポトフ鍋では、具材がなくなった後、
ペンネのパスタを入れてシメました。
島ラー油を入れて、味を変化させると
飽きることなく最後までいただけます。
この【味の変化】は、話のタネとなり、
会話をより弾ませると皆様に好評でした。

【味の変化を愉しむ】
【苺を料理に生かす】

佐藤料理長の発想には、
今回も料理を楽しむヒントがたくさんありました。
お腹一杯召し上がれ…
イタリアのマンマのような料理長の
心意気と優しい心遣いもお料理の隠し味となることも
ご参加の皆様には、お感じいただいたのではないでしょうか。

お客様が差し入れてくださった林檎ジェリーで紅茶をいただき、
今回の洋食教室も和やかに締めくくりました。

スタッフ一同、皆様と楽しい時間を共有でき、
大変嬉しく思っております。
ご参加の皆様におかれましては、
今回もわざわざ山の中まで足をお運びくださいまして、
ありがとうございました。

次回は、4月8日金曜日の開催です。

また皆様にお会い出来る日を楽しみに、
スタッフ一同準備をすすめてまいります。


|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/3112

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する