レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

農業事始め

2016年02月09日

 昔から「農業事始め」の日とされる2月8日。
旧暦では、3月中旬にあたり、
ちょうど春の暖かさを感じる頃でしょうか。
農作業が始まり、一年の営みの始まる日とされていました。

この日は、一年の無病息災を願い、
大根や人参、里芋やこんにゃく、牛蒡
といった作物を入れた『お事汁(おことじる)』を
作って食べる風習があります。

レストラン茅乃舎でも、
2月8日には、納豆汁に変わり、お事汁をお出しして、
お客様に日本の歳時記を紹介しています。

 

寒のもどりもありますが、少しずつ温かくなってきた里山では、
梅の蕾もほころび、冬枯れだった風景に色を添えています。

  

また、足元には、蕗の薹が顔を出しています。


春のおとずれが愉しい里山へ
遊びにいらっしゃいませ。


|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/3113

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する