レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

2月茅乃舎生け花教室

2016年02月15日

 

三寒四温の候。
寒の戻りの後は、久しぶりにまた、
ぽかぽか陽気となりました。

9日に行われた2月生け花教室の様子をご紹介いたします。

度々足をお運びくださるお客様は、
茅乃舎に来ると肌で季節の移ろいを感じる事ができるので、
いつも楽しみだとおっしゃいます。
車窓や楽舎にお入りになるまでの道すがらで、
今回も新しい発見をなさったのではないでしょうか。

 

2月茅乃舎生け花教室で、
秀可先生がご用意なさった花材は、
春の訪れを知らせる花々です。

***********

《 2月の花材 》

◆ 梅(ウメ)
◆ 川柳(カワヤナギ)
◆ 小手毬(コデマリ)
◆ 雪柳(ユキヤナギ)
◆ ププレウルム 
◆ 花菜(ハナナ)
◆ ミスカンサス

***********  

  

今の時期、冬枯れの風景に花を添える梅は、
豪華に咲いて私達を楽しませてくれますが、
生け花として生けるとなると、奥が深く難しいようです。
「梅を一種で生ける時は、
いかに上手に先端に沢山ついている花芽を取るかが大切です。」
と秀可先生。
開花した時を想像して花芽を整理し、
すっきりと格調高く生けることや、
春らしい花は、やさしい表情を出す
といったポイントもアドバイスなさいました。

 

枝の線が個性的な川柳や雪柳。
色鮮やかに咲いた黄色い花菜の花。
川原で春の光と浴び銀色に優しく光る川柳。
自然の中の一コマが浮かんでくるような作品でした。

 

***********

毎回、もう一つのお楽しみとなっているランチプレート。
春を知らせる蕗の薹を使った蕗味噌は、
「香りに春を感じました。」
と、皆様に好評をいただきました。

 

◆ 鶏肉の蕗味噌焼き
◆ 炊き立て白米
◆ 香の物
◆ 豆腐の味噌汁

***********

お時間いっぱい、季節の花と向き合われ、
その美しさを表現することは、大変難しい面もありますが、
ご参加の皆様は、気持ちが癒され
リフレッシュになるとおっしゃいます。
植物に合わせ、食するものにも
季節を味わっていただいたようで、
スタッフ一同嬉しく思っております。

ご参加の皆様におかれましては、
わざわざ足をお運びくださいまして、
本当にありがとうございました。

次回は、3月8日(火)の開催です。
皆様にお会いできる日を楽しみにしております。

お問い合わせは、お気軽にこちらへお電話くださいませ。
 ↓  ↓
レストラン茅乃舎
    092-976-2112


|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/3115

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する