レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

第39回尾﨑料理長の和食料理教室【12月】

2016年12月16日

 

第39回尾崎料理長による料理教室の様子をご紹介します。

和食料理教室は、2ヶ月に一度、献立が変わります。
12月は、11月と同様の内容ですが、
使用する食材は、少し変わります。

======= 12月お献立 =======

・みぞれ和え
・鯛の紅白なます
・たけのこ芋の揚げ出し
・生春巻き
・黒豚の柔らか煮
・鮭とカブの炊き込みご飯
・味噌汁
・くるみ豆腐

===========================

みぞれ和えの具材は、
栗から百合根に。
また、炊き込みご飯は、
鮭から鯛と蕪に変わりました。

晩秋から冬へ季節が移り、
味わいも変わっていきます。
「旬の過ぎるのは早く、そのときだからこそ味わえる
料理へのアレンジをお楽しみください…」
そんな尾﨑料理長の言葉が聞こえてくるようです。
繊細なひとてまを加え、食べる人を笑顔にさせる料理に、
皆様大変ご満足のようでした。

 

ベトナムから戻った尾﨑副料理長料理長が、
提案した生春巻き。
こちらは、ソースや具材のバラエティで楽しみました。
チリソースの他に、豆腐とクリームチーズのソース、
具材にえびせんが登場するなど、
目からうろこの提案で、料理好きな皆様は、
ますます料理へのモティベーションが高まったようです。

 

「油は、天ぷら粉が下から上にあがってくるくらいが170℃です。」
「気泡が小さくなったら火が入ったタイミングと考えましょう。」
「煮ものは、砂糖が食材に入ったら醤油を二回にわけて入れると、
失敗も無く、醤油の香りを出すことができます。」
実際に調理の様子をご覧いただきながら、
料理のポイントを説明いたしました。

 

料理教室では、ご参加の皆様から質問が飛び交います。
その一つ一つに丁寧に応える尾﨑料理長。
気さくでアットホームな雰囲気に、
皆様の笑顔が絶えない料理教室です。
また、よく美味しいものを皆様にご紹介してくだる近藤さん。
徳島のワカメを持参し、味噌汁に入れると、
歯ごたえがいいと皆様に評判でした。

 

クリスマスも近いということで
デザートをビュッフェにしました。
苺のミルクレープ、くるみ豆腐、クッキー、
苺のチーズケーキ、柚子のパウンドケーキなど
スタッフも含め持ち寄ったデザートは、
華やかに盛り付けられ、皆様に大変喜んでいただきました。

 

当日は、雨が降り、寒さが厳しい中でしたが、
ご参加の皆様におかれましては、
わざわざ山の中まで足をお運びくださいまして
ありがとうございました。

来月はおでんをする予定ということで、
皆様からは楽しみだとの声をいただいています。

次回お会いできる日を楽しみに、
スタッフ一同準備を進めてまいります。


|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/3400

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する