レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

第42回尾﨑料理長の和食料理教室【3月】

2017年03月11日

春の陽気が心地よい先日10日。
第42回尾崎料理長による料理教室が開催されました。

 

*****

桜の咲く4月、筍が出回る5月。
その頃、産卵期前で美味しい桜鯛など…
季節を少し先取りした楽しい弁当が
紹介されました。


======= 3月お献立 =======

一、ポテトサラダ

一、鶏の唐揚げ

一、卵焼き

一、鶏団子

一、巻き寿司

一、鯛と若芽の吸い物

 

一、抹茶と小豆のパウンドケーキ 桜ホイップ

===========================

お客様からのリクエストの多かったお弁当。
「春らしいですね。」といったお声をいただきました。
盛り付けもまた大切な料理の要素です。
その要領も学んでいただいたようで、
行楽シーズンには、大変重宝しそうです。

 

きれいな薄緑いろに染まったポテトサラダ。
ペーストにしたグリーンピースを入れています。
菜種油を使用してマヨネーズから手作りするなど、
季節を愉しむこだわりの一品でした。

 

じんわり出汁が染み出る卵焼き、
サクッとジューシーで、味のしみこんだから揚げなど、
弁当には欠かせない定番の品が、
ひとてまで、美味しさはワンランクアップ。
お客様も、作り方を再度お尋ねになるほど、
関心を持たれたようです。

 

葉わさびのお浸し。
ピリッとした辛味が弁当の味を引き締めます。

 

******* 葉わさびの辛味・香り *****

1.辛味を出す温度80℃で茹でる。
2.塩を加えて香りを飛ばさないよう密閉し100回振る。
3.冷蔵庫で寝かせて青臭さを飛ばす。

**********

紹介されるこだわりのポイントに
お客様の関心は特に高く、
ひとつひとつメモを取っていらっしゃいました。

食卓を彩る巻き寿司。
ご参加の皆様にも実際に巻いていただきました。
とても楽しそうなご様子で、スタッフも思わず笑顔になりました。
ご家庭でなさると、楽しいイベントになるのではないでしょうか。

巻き寿司の具材には、
アボカド、胡瓜、サーモンを使用しました。

 

サーモンは水分が多いので、
時間を置くと、臭みが出たり味が悪くなったり
することがあります。
そこで、尾﨑料理長は、下ごしらえにひとてまを加えています。
料理長が説明すると、皆様驚かれ、
手間暇かかっていることを実感なさったようです。

かけた手間暇が、食べる人の心に残る味となることを
良くご存知の皆様は、ご家庭でもそのひとてまを
楽しんでいらっしゃることでしょう。

******* 具になるサーモンの下ごしらえ *****

1.キッチンペーパーで一日ほど包む。
2.味醂と醤油の漬けにする。
3.炙って香ばしさを出す。

**************

**************

塩漬け桜のほんのり甘いホイップクリームを添えたデザートに、
心もほっこりとなさったようで和やかな雰囲気の試食タイムでした。

 

美味しい料理を作ってあげたい…
そのようなお気持ちが伝わってくるような
一生懸命に学ぶ姿勢を拝見し、
料理長も皆様にお応えしたいと、
毎回、楽しみに準備をしております。

******

今回もわざわざ山の中まで足をお運びくださいまして、
ありがとうございました。

次回の和食料理教室は4月13日です。
皆様にお会いする日を楽しみに、
スタッフ一同準備を進めてまいります。


 


|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/3468

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する