レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

第44回尾﨑料理長の和食料理教室【5月】

2017年05月20日

5月12日に第44回和食の料理教室が開催されました。

  

5月のお献立では、
旬の走りを味わいました。
これから迎える旬には、ご家庭でも
ワンランク上のお料理で
お楽しみいただけるのではないでしょうか。


======= 五月お献立 =======

一、鮎の煮浸し

一、茶碗蒸し

一、メンチカツ

一、ちりめん山椒

一、抹茶のシフォンケーキ、抹茶のアイスクリーム

===========================

「鮎は、圧力鍋で煮るか、
酢を入れてことこと煮ることで、
骨が柔らかくなります。」

鮎を柔らかく煮る方法や
ちりめんの食感を楽しむ方法など、
今回も、レシピだけでは分からない
尾﨑料理長直伝のコツが満載でした。

旬の走りとなる鮎は、
オーブンで素焼きし、バーナーで炙って香ばしく、
更に圧力鍋で柔らかく煮て、鮎の煮浸しに。
木の芽の豊かな香りをまとうこちらの料理は、
ちりめん山椒とともに、
「さっそく作ってみたい!」と、
お客様に大変人気でした。

鮎の煮浸しは、以前紹介したレシピ
「きのこのお浸し」と一緒に盛り付けいたしました。

 

 

 

一つ一つの食材に下味をつけ、
卵液は、ザルで濾す…
そのひと手間で、アクセントのある味と
なめらかな舌触りの茶碗蒸しになります。

 

キャベツと玉ねぎの入ったメンチカツ。
「ふわっと揚がっていて美味しかったです。」
「ジューシーです。」
と、好評でした。
キャベツや玉ねぎは、塩を振って一時間ほど置いてしんなりと…
パン粉がつきやすく割れないように、卵の中にも小麦粉を混ぜる…
こうしたコツが紹介されると、「すぐに作ってみたい!」と、
ご参加の皆様の料理へのモティベーションも高まったようでした。

今回のデザートは、
お客様からリクエストがあった抹茶バージョン。
しっとりと美味しく焼きあがったデザートに
皆様の笑顔の花が咲き、会話も弾んでいらっしゃいました。
和気藹々とした雰囲気の試食会となり、
スタッフも大変嬉しく思っています。

*****

ご参加の皆様におかれましては、
雨で足場が悪い中お越し頂きまして、
ありがとうございました。

和食の基本やアレンジ法、
日頃の食生活に活かすアイディアなどが
満載の茅乃舎和食料理教室。
お客様からは、ちょっとしたコツが役に立つと
喜ばれております。
初めて参加されるお客様もすぐに打ち解けられ、
和やかな雰囲気でした。
お一人でもご心配なさらず、
申し込みくださいませ。

次回の開催は、6月29日(木)です。
スタッフ一同、皆様のお越しを
楽しみにお待ちしております。


|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/3536

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する