レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

第53回尾﨑料理長の和食料理教室【2月】

2018年02月06日
第53回目となる2月の和食教室。
今回は、レストラン茅乃舎の改修工事のため、
博多リバレインで行われました。

献立は、二ヶ月に一度変わりますので、
1月と同様でしたが、きんぴらや手作りからすみ、
デザートの苺豆腐、タルトタタンなど、
献立にない料理も登場いたしました。

=====  2月の献立  ======
一、白子豆腐
一、ロール白菜
一、寒鰤の照り焼き

 
身は、ソテーでふんわり。
脂の多い部分はぶり大根にしました。

一、筍ご飯
一、根菜スープ
一、柚子のパンナコッタ
==========================

 
蕪、さつま芋、ごぼう、人参、里芋、などの根菜類を
サイコロ状に切り、コトコト煮てうまみを出した根菜スープは、
お子様に作ってみたいとの声も頂けるほど人気でした。

 

「蕪は捨てるところがありません。」

即興で作った一品は、
湯がいて刻んだ葉と千切りにした皮で作ったきんぴら。

ごま油で炒め、砂糖、塩の順で入れた後、
茅乃舎だしを破って入れました。

デザートで使用した柚子もそうですが、
余すことなく使い切り、自然の恵みを大切にいただく…
そうした料理長の心が伝わってくるようでした。

 

「包丁を持つときは、
持つ手の足を少し引くと切りやすいですよ。」

いつも何気に使う包丁。
今回は、料理長の手ほどきで
実際に包丁で切っていただき、
使い方を学んでいただきました。

綺麗にできる白ネギのみじん切りや
里芋の美しい剥き方は、
お客様にとって目からウロコだったようです。
大変参考になったとのご感想をいただきました。

***

 

30~40分かけてじっくり練る白子豆腐。
使用する野菜の水分の量で出汁の量を調節します。

お客様は、尾﨑料理長の手元をご覧になり、
練り終わりのタイミングや氷水で冷やす方法などが
よくわかったとおっしゃっていました。

*****

リバレインでの開催ということで、
初めてご参加いただいた方も多く、
また、遠く県外からもわざわざ足をお運びいただきまして、
ありがとうございました。

 

次回は、改修後のリフレッシュしたレストラン茅乃舎へ
お越しいただけることをスタッフ一同心待ちにしています。

次回の和食教室は、
3月16日(金)レストラン茅の舎での開催です。

またお会いできる日を楽しみに準備を進めてまいります。

****

【改修工事による休業期間】

2018年1月24日(水)~2018年2月28日(水)

営業再開:2018年3月1日(木)11:00~通常通り営業いたします。
ご予約:3月のご予約は2018年1月2日より承っております。

≪休業期間中のご予約・お問い合わせ先≫

電話:092-976-2112 
受付時間10:00~19:00 (毎週水曜日は除く)

|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/3728

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
レストラン茅乃舎の名物達
(2018年02月24日)
雨水
(2018年02月19日)
春一番
(2018年02月15日)
レストラン茅乃舎~早春の風景~
(2018年02月13日)
また雪が積もりました
(2018年02月07日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する