レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

古くて新しいもの・・・


長野さん だんご

「昔は、米一粒も無駄にしなかったですよね。
捨てたりしたら叱られましたよね。
米つくりは採算がとれないので、作る人が減っていますからね。
お米は、これから不足しますよ。」

先日行われた「長野おばあちゃんの料理教室」の中で、
長野おばあちゃんがおっしゃいました。

食の安全が危ぶまれている今だから、
大切な家族のために自分で調理をすることや、
安全な食材を求めるために地産地消を薦めることが必要です。

”いかに食材を上手に使い、美味しくいただくか、
その方法を知っているのが先進的”
という時代になっているのかも知れません。

これからは、もったいないが新しい・・・ということですね。


「戻し汁、揚げ油、煮汁には、
美味しいだしが出ているので、使いまわすといいですよ。」
「卵焼きはね、小さじ1くらいのマヨネーズで焼くと、
冷めても臭みが残りませんよ。」
作りながら、長野おばあちゃんの知恵袋から
こんなお話が次々に飛び出しました。


焼きだんご

レシピの中から冷ご飯を使った「焼き団子」を紹介いたします。

=焼き団子レシピ====================
冷ご飯を洗ってぬめりを取り、小麦粉、塩、砂糖を入れて
よく練り、五百円玉くらいの団子を作ります。
それを茹でた後、フライパンでこんがり焼きます。
砂糖と醤油のたれを入れて絡めたら出来上がり。
味付け海苔でサンドして召し上がれ。
============================

「長野おばあちゃん語録」
○”少し残ったら捨てる”ではなく、全部使い切る。
・少しの油で手早く揚げる。
・残りご飯を活用し、お米一粒も無駄にしない。

○今の時期に採れる物が一番おいしい。
・嫌いだったら、食べさせる調理法を考える。
・地産地消をすすめる。
・その時期に採れる根菜を上手に使い、マヨネーズを使って新しい料理にできる。

○もったいないから使いまわす。
・油がくたびれてきたら、梅干一個を入れると、
 酸化を防ぎ、さらりとした油になる。
・戻し汁は、揚げ油、煮汁には、だしが出ているので、使いまわす。

============================

「長野おばあちゃんの知恵より」

○道具に頼らずに調理するために
・自分の「一つまみ」、「一にぎり」は何gかを知っておくと便利。

○食材を上手に使う
・ご飯を炊くときは、茅乃舎だしを一袋のせて炊く、昆布茶を一さじ入れて炊くなどすると味がぐっと良くなる。
・卵を割るときは、思い切って一発でぱっと割る。殻が崩れにくい、黄身と白身が分かれやすい。
・生姜は、皮に辛味と栄養があるので、全部こさぎ取ってしまわない方がよい。
・胡瓜を湯通すると、色鮮やか、甘味が増し、皮まで食べられる。

○調味料の使い方
・お醤油は出来上がり寸前に入れると、ふっくら仕上がり、味もよくしみる。
・卵焼きをマヨネーズで焼くと、冷めても臭みがない。
============================

|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/602

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
2018年1月の茅乃舎生花教室
(2018年01月15日)
雪景色
(2018年01月11日)
本格的な寒さの到来
(2018年01月09日)
茅乃舎のお正月
(2018年01月04日)
明けましておめでとうございます
(2018年01月01日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する