レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

7月の活け花

2009年07月02日

古賀先生の生け花

四季折々、一杯の作品の中に、
ダイナミックな世界を魅せてくださる古賀先生。

先日は、「夏の活け花」を
挿していらっしゃいました。

「夏は暑苦しいですからね。
さわやかなグリーンでまとめたんですよ。」

と、野の花に詳しい先生は、
挿している植物についていろいろと
教えてくださいました。

===============================================

■夏ハゼ
新芽はきれいな赤い色で、一年中美しい枝ものです。
葉が小さくて明るい緑が美しい夏ハゼは、
春先に一番きれいな姿を魅せてくれます。

■小坊主オトギリソウ
オトギリソウの仲間には多種あり、
路地に多く生息しているのを見かけます。
秋は紅葉して美しい姿を魅せてくれます。

■ハクサンボク(白山木)
群生しており、
葉に艶があり光って見えることや
春先に白い花を咲かせることから
「山照らし」とも言われています。

================================================

自然の姿を入れ込んだ活け花。
茅乃舎へおいでの節は、どうぞご覧ください。
元気をいただけますよ。

|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/760

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する