レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

7月長野おばあちゃんの料理教室~梅のお料理~

nagano-1.jpg

 

「前回の唐揚げ、家で作ってみました。
いつもの唐揚げより美味しくて、子供に大好評でした。」

「梅サワー、梅干、家でもやってみました。とても好評です。」

ご参加の皆様のご感想から、
お料理への意欲が伝わってまいります。

料理のポイントをわかりやすく教えてくださるので、
昔ながらの料理を自分でも作ることができる...
懐かしい味、日本の味を
大切な人に自分が作ってあげられるようになる...

...そこが楽しいので、いつも賑わう長野おばあちゃんの料理教室。
スタッフもとても楽しみにしています。

アットホームで、気さくな長野おばあちゃん。
今回は、梅の本漬と梅干を使ったお料理を
ご紹介してくださいました。

梅の本漬は、シソの色がクリアになるまで、
汁を捨てつつ揉むのがポイントとなります。
詳しくはこちらからご覧くださいね。
梅干漬けの要領

梅を漬けると、副産物として、とても魅力的なものができます。

まずは、梅を塩漬けした際にできる【白梅酢】
そして、つぶれ梅の種を取り除いてできる【ねり梅】
シソ漬けした際の梅酢に、みりんを加え新生姜を漬けてできる【紅生姜】。

そして、その副産物は、
食欲が減退し、体力が衰えやすい夏に
私たちの健康を増進してくれる強い味方となります。

香りの良い白梅酢は、
お寿司、魚の煮物、酢の物などに。

ねり梅は、ソースやドレッシング、
梅味噌などにしておにぎりの種に。

ぶっかけ麺のトッピングに。

すっぱいのが嫌いという方にも、調理法によって、
美味しく召し上がっていただけることと思います。

===================================
汎用性のあるねり梅。
ぜひ、お作りになってみてください。

■ねり梅ソース

ねり梅1 マヨネーズ1 みりん1 を、
フードカッターなどで混ぜ合わせるだけです。
肉、魚、野菜、麺などに合うオールマイティのソースです。

■小鯵の天ぷら

青じそに少し硬めに溶いた天ぷら粉を乗せるのがコツ。
その上に、鯵、ねり梅を乗せ、巻いて揚げます。

===================================

nagagno-2.jpg

 

梅の他に、身近な葉を使って作るお茶も
ご紹介してくださいました。

■簡単なお茶の作り方

よもぎ、ビワの葉、柿の葉、どくだみ
さっと蒸すか熱湯に通し、
小さく切って日陰干しした後、乾煎りをします。

===================================

こうして教えていただくと、手の加え方一つで、
身近なところにある植物を
私たちの健康を支えてくれる食物にできることがわかりました。
自分で作ると、きっと格別な味に感じられることでしょうね。

「来年はきっと!」
と、モティベーションがアップされた方は、
たくさんいらっしゃったようでございます。


8月のレシピは
・夏野菜カレー   
・福神漬け
・そばの芽サラダ  
・梅のアイスクリーム

そのほかに、
野菜作り(春菊、ほうれん草、蕎麦の芽)のことも
教えてくださるようです。

どうぞ、お楽しみに。

また会える日を楽しみにしております。


|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/910

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する