レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

8月茅乃舎生け花教室

2010年08月11日
08ikebana.jpg

 

「葉が風に揺れるように、自然のままの動きが美しいんですよ。」

そうおっしゃりながら、葉の入れ方をアドバイスなさる秀可先生。

楽舎の入り口には、まるでそこに咲いているかのような作品を
生けてくださっています。

花はなくても、葉だけで
ダイナミックな世界を創り出す秀可先生。
さまざまな葉の個性が面白く
また、美しく感じられます。
緑一色の生け花は、夏の玄関を涼しげに
演出してくれるものですね。


今回もたくさんの花材を前にして、
ご参加の皆様は真剣な表情で作品作りに
取り組んでいらっしゃいました。

ご覧になっても涼しげで風情のあるさまざまな形の籠。
この花材をどの籠に入れると素敵に見えるかしら・・・
と、思案しつつ選ぶことも、一つの楽しみのようでございます。

 

kago-hana08.jpg

籠の中で、可憐に咲く野の花。
すっと伸びた蔓や葉とパッと咲いた花のコントラスト。
素敵な作品がたくさん出来上がりました。

今回の作品も秀可先生のホームページ
ご紹介いただいております。

seiyou-hana.jpg

=====今回の花材======

雲竜柳(ウンリュウヤナギ)
矢筈芒(ヤハズススキ)
擬宝珠(ギボシ)
緋扇(ヒオウギ)
瑠璃玉薊(ルリタマアザミ)
河原撫子(カワラナデシコ)
西洋小判草(セイヨウコバンソウ)

=====================

 

もう一つのお楽しみ、
夏野菜盛りだくさんのランチプレートはいかがでしたか。

=====ランチプレートお献立=====

■ズッキーニと蓮根の辛子和え
■茄子豆腐
■インゲン豆と地鶏のオムレツ
■黒豚カナッペ
■南瓜いとこ煮
■鯖燻製
■ピオーネ白酢かけ
■トマトの炊き込みおにぎり
■香の物
■夏野菜の酢の物
■味噌汁
 
==============================

 

 

ryouri-hana08.jpg 

花のある場所は、心がほっといたしますね。
お帰りになって、今日のことを振り返りながら、
あちらこちらに、また野の花の世界を
創り出していらっしゃるのではないでしょうか。

ご参加の皆様におかれましては、
山の中までわざわざ足をお運びくださいまして、
ありがとうございました。

次回は、9月 日に行われます。
またお会いできる日を
スタッフ一同楽しみにしております。


|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/919

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する