レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

長野おばあちゃんと野菜作り

tanemaki-1.jpg

 

自給自足でたくましく生きる術を
教えてくださる長野おばあちゃん。

農業を知り、旬を知り、
たくさん獲れた野菜を上手に保存し、
長く大切にいただく。
忙しい合間に少しの手間をかけ、
美味しくて体を元気にする食事を
大切な人のため作る・・・
そういった先人の知恵と心を
惜しげもなく教えてくださることに、
いつも感謝しております。


8月の長野おばあちゃんの料理教室では、
初の取り組みとして、お料理だけでなく、
ご家庭でできる野菜作りも行いました。


tanemaki-2.jpg

 

===========長野おばあちゃんと野菜作り============

手順は写真を参考になさってくださいね。

・種は一晩くらい水に浸しておくことで発芽しやすくなります。

・種を植える前の土には、たっぷりと水を含ませてください。

・春菊と蕎麦は、ばら蒔きし、
ほうれん草は、2~3cmくらいの間隔でばら撒きしました。
いずれも間引き菜を楽しむことができますので、
間隔はあまり気になさらなくて良いようです。

・種を植えたら、上からふんわりと土を3cmほどかけます。

・水をあげた時に土が動かないように、土の上には軽石をばら撒きます。

=================================================

2~3日すると、発芽し、
2~3週間で花が咲くようです。

長野おばあちゃん曰く、

「何も難しかことはなか。」

「生ごみは土に埋めると、
虫は出てこないし、水気は土が吸い取って、
良い肥料になりますよ。」

「毎日顔を見せてください。虫が活動する朝、
糞があるようなら虫がいますから、取り除きます。
葉の裏に隠れても、糞でわかります。」

野菜を育てる間には、さまざまな発見がございます。
種→芽→葉→実→花と、
成長する植物の姿を直にご覧になれますし、
旬を知ることもできます。

間引き菜、花などを楽しむことができるのも、
育てているからこそですね。
季節感あふれる食卓が思い浮かんでまいります。

*******************************

これから、この野菜たちを
尾崎副料理長とスタッフでお世話いたします。
その成長の様子もご紹介いこうと思います。

皆様も、ご家庭での野菜つくりに挑戦なさいませんか。


|  HOMEへ戻る |

皆様からのコメント (0)

トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL: http://kayanoya.k-shop.co.jp/tb.cgi/925

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
オフシャルブログクローズのお知らせ
(2018年03月20日)
蕾が膨らむ季節を迎えています
(2018年03月12日)
啓蟄
(2018年03月06日)
レストラン茅乃舎 2018 年の春
(2018年03月02日)
春の訪れを
(2018年02月27日)

バックナンバー

2018年

2017年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する