レストラン茅乃舎オフィシャルブログ

バックナンバー

2008年12月の記事

11件中1 - 10件を表示 次へ
2008年12月30日
「湯布院に似ているわねぇ。湯布院まで行かなくても、落着いた雰囲気が味わえていいわね。」と、お食事をなさっている時に、お客様がおっしゃいました。心が落着く場所、和む場所、ほっとする場所・・・茅乃舎をそういった場所と感じていただくことは、私達茅乃舎スタッフの喜びで…
2008年12月28日
茅乃舎の竃です。時には、炊き立ての十穀ご飯の湯気。時には、地味あふれるスープの湯気。今は、ご到着のお客様をおもてなしする「お着き汁」の湯気がほんわりと立ち上っています。この竃は、大分日田市の 原田 進(はらだ すすむ)さんの作品です。原田 進さんは、日本を代表…
2008年12月27日
年の暮れとなり、茅乃舎では恒例の餅つきが行われました。蒸しあがったほかほかのもち米を石臼にいれ、ぺったんぺったんとつきます。茅葺屋根の下でぺったんぺったん・・・。本当に「ぺったんぺったん」という音がします。辺りにその音が響き渡りました。餅をつく人、こねる人は息…
2008年12月23日
クリスマスですね。この時期になると、イルミネーションやキャンドルの明かりが創り出す幻想的な世界を味わうことができます。里山は色鮮やかなイルミネーションはありませんが、茅乃舎らしい幻想的な世界をご覧になれます。気温が下がり、空気が一層澄み渡るこの時期、星が一段と…
2008年12月22日
茅乃舎が取り組んでおります「食と健康を考える勉強会」今年の締めくくりとなる「スプラウト勉強会」が、先日19日に行われました。入門編の修了です。これまで、入門編では、・植物のパワーと豊富な栄養分が含まれる発芽食品について・身体と心を元気にする発芽食品を使ったお料…
2008年12月17日
春には、紅色の可愛らしい花をつけていたもみじ。初夏には、萌える新緑に元気をいただきました。秋には、目の覚めるような素晴らしいグラデーション。そして、初冬を迎えた今は、羽つきの羽のような種をつけています。茅葺屋根に積もった紅葉の名残。ご覧になられましたか。里山で…
2008年12月16日
一段と、暖炉の火が恋しい季節です。そして、何といっても鍋料理が恋しい季節です。茅乃舎では、自慢の鍋をそろえておりますので、どうぞ遊びにいらしてくださいね。茅乃舎母屋のレストランでは、十穀鍋や十穀焼鍋、地鶏すきやき、トマトすき焼き蕪のスープしゃぶ、十穀海鮮鍋。茅…
2008年12月12日
これは、レストランのニューフェイス。体が温まりほっとするドリンク・・・熊本産無農薬の紅茶に茅乃舎の飲む酢と久山養蜂場の蜂蜜を添えました。飲む酢は、「ゆず」と「梅」の2種類からお選びいただきます。蜂蜜で甘味を調節しながらお召し上がりいただくと、お食事の合間に、お…
2008年12月11日
「いらっしゃいませ。お待ちしておりました。」暖簾をくぐって茅乃舎へお入りになるお客様をフロントのスタッフがお迎えしていました。「どうぞ、お時間まで囲炉裏のそばでお待ちくださいませ。」ご案内するのは、こちらの囲炉裏です。茅乃舎の囲炉裏には、重硬で濃い朱色が特長の…
2008年12月09日
茶舎で暖炉の火を熾していました。火吹き竹・・・今では、ほとんど出番がなくなってしまった道具ですが、茅乃舎では必需品です。寒い日が続きますね。冷たくなった指先を擦り合わせながら、「寒いねえぇ」と言い会うのも楽しいものです。そんな日は、暖炉のそばで、温かい飲み物を…
11件中1 - 10件を表示 次へ

このブログのご紹介

西日本最大級の茅葺き屋根のレストラン
「茅乃舎(かやのや)」。茅乃舎スタッフが
イベント情報や自然栽培の食材でつくる
メニューなどについて
紹介するブログです。

最近の記事
台風一過
(2017年09月18日)
第48回尾﨑料理長の和食料理教室【9月】
(2017年09月13日)
秋の朝
(2017年09月09日)
赤い実・白い花
(2017年09月07日)
長月
(2017年09月02日)

バックナンバー

2017年

2016年

このブログの読者になる

RSSリーダーのご利用で、このブログの更新情報をいち早く入手できます。

RSS FEED RSSを登録する